販促グッズの上手な使い方について

みみみんさん(@mimiminmemo)がシェアした投稿

メーカーなどが提供している商品や、サービスをお客さまに知ってもらうためにはプロモーションが必要不可欠です。

販促グッズは、効率的なプロモーションをするためにメーカーなどが無料配布しているアイテムのことで、メーカーや商品、サービスなどのロゴがプリントされています。

しかし、やみくもに販促グッズを配布するだけではプロモーション効果を得ることはできないのです。販促グッズを上手に活用し、効率的なプロモーションをしましょう。

プロモーションに有効的な販促グッズ

販促グッズにはポケットティッシュやうちわ、カレンダーなどさまざまなアイテムがあります。

しかし、いざ販促グッズを制作してもお客さまに使ってもらえなければ、目に触れる機会がないため、プロモーション効果は得ることができません。

つまり、実用品がプロモーションには有効的になります。お客さまに販促グッズを使ってもらうことで、お客さまだけでなく他の方々の目にも触れる機会が増え、さらに大きなプロモーション効果を得ることができるのです。

販促グッズの選び方

販促グッズ選びで最も重要なことはターゲットの絞り込みです。

実用品を選んでも、ターゲット層にとっては必要のないアイテムであれば意味がありません。そのため、はじめに販促グッズを配布する目的とターゲットを絞り込む必要があります。その上で、ターゲットに合った実用品を選ぶことがポイントです。

例えば、会社員やOLがターゲットであればビジネスシーンでよく使用されるボールペンやメモ帳などが販促グッズに向いています。また、季節に合ったアイテムを選ぶことも大切です。

例えば、夏であればうちわなどの販促グッズが実用品になります。

プロモーション以外の販促グッズの使い方

販促グッズは、使い方次第では自社のサービス改善につなげることもできます。

例えば、商品やサービス向上のためのアンケート調査を実施する際に、アンケートにご協力いただいた皆さま全員に販促グッズをプレゼントするという販促グッズの使い方です。

全員にプレゼントすることでアンケートの回収率が上がり調査結果の精度も高くなります。また、自社でアンケート調査することで、委託アンケート調査よりも経費の削減にもつながるのです。アンケート調査の際に販促グッズを活用する場合も、販促グッズ選びは大切になります。

ターゲットの年代が幅広い場合はさまざまな年代の意見を聞く必要があるため、年代分けや性別分けを事前に行い、それぞれのターゲットに合った販促グッズをいくつか用意して選んでもらう方法がおすすめです。

まとめ

販促グッズは多種多様で選ぶだけでも一苦労です。

かし、販促グッズ選びはプロモーション効果に大きく影響します。そして、使い方次第ではビジネスの発展やサービス向上にもつながるのです。

そのため、販促グッズを配布する目的とターゲットの年代や性別などを明確にし、ターゲットに合った実用的な販促グッズを制作し、販促グッズを上手に活用しましょう。

投稿者について

nitamago

nitamago