販促グッズを使ってお店の宣伝をしよう!

個人経営のスポーツ店や店舗の新規開店で、宣伝を効果的に行いたいという方におすすめなのが販促グッズです。

販促グッズってなに?

販促グッズとは販売促進のため活用するもので、商品やお店の認知度の向上や、お客様の購入促進を期待して、新商品や新規オープンのキャンペーンで配布するものです。

販促グッズってどんなものがあるの?

様々な販促グッズがありますが、今回は5つの販促グッズを紹介します。

チラシやダイレクトメールなどの印刷物

まず1つ目に、新規開店やセール、新商品の入荷など、お店のことを多くのお客さまに知っていただくために、重要なツールとなる、チラシやダイレクトメールなどの印刷物があります。

大きなマラソン大会などのスポーツイベントや、花火大会、商店街や駅前などの人が集まる場所での手配りや、新聞折り込み、商業施設への設置、ポスティングチラシなど、紙媒体の広告は様々な方法で配布が可能なため、便利な販促グッズです。 オープンするお店が、集まった人たちのニーズに合っていることも大切です。

のぼりや看板

2つ目に、のぼりや看板があります。店舗の前に設置ことで、人の目の興味を引くことができます。車や徒歩でお店の前を通行するお客さまに、お店の業務内容や存在を広く宣伝することができます。

ショップカードやスタンプカード

3つ目にショップカードやスタンプカードがあります。

名刺が大切な営業ツールである営業マンのように、お店にとってショップカードは名刺代わりの重要な販促ツールとなります。初めて来店されたお客さまにお渡しすることで、お店の名前を憶えてもらえることや、営業時間や連絡先を記載することで、次回の来店を促すこともできます。

そのため、お店のイメージに合った、お客さまにとっておいてもらえるようなデザインが必要となります。 さらに、リピート率の上昇には、スタンプカードもオススメです。

ポケットティッシュ

Aya Tsukiokaさん(@tucky7com)がシェアした投稿

4つ目に、現在、最も販促グッズとして利用されているポケットティッシュです。かさばらなく軽くて、持ち歩きやすいので、多くの人の目に留まりやすい優れものです。

また、老若男女問わず需要があり、とても配りやすく受け取ってもらいやすいという利点があります。 最後に、社会人なら1本は毎日持ち歩いているボールペンです 日常的に必要なもので、購入するにも少し高いものなので、販促グッズとして配りやすいという利点があります。さらに、ボールペンにマスコットをつけたりすることで需要が高まったりします。

販促グッズを小ロットで作るポイント

販促グッズを作成するために重要になるのは、やはりコストです。販促グッズを制作してもコストが高くて費用がかさんでしまうのでは意味がありません。

スマートフォンの画面ふきやティッシュといった、商品と部材でわけられる販促グッズはコストが抑えられ、さらに小ロットでも制作ができます。

さらに、小ロットで販促グッズを制作するときに一番コストを抑えられる方法があります。それは社内でデザインを考え、制作のみ委託することです。

ネット印刷のサイトでも、紙の印刷だけでなく、さまざまなオリジナルグッズの印刷が可能となっています。小ロットでも安く印刷が可能なので、低コストでオリジナルグッズを作成することができますよ。

まとめ

もしどんな販促グッズがよいのか迷ってしまったら、販促グッズの制作会社に協力を得ながら、お店の宣伝や新商品の認知度をあげていきたいものです。専門分野の人の力を借りることで、スポーツ好きな方におすすめの逸品が見つかることでしょう。

投稿者について

nitamago

nitamago